FC2ブログ

動物福祉 わんステップな日々♪  ~from群馬~

犬・猫の保護日記とスタッフ活動記録-随時、犬の里親募集中-
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      
≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

ふたばステイ日記-4日目-

ふたばステイ日記2月25日 

2月25日(ステイ4日目)
今日、ふーちゃんが、ハウスの中でうんちをしたり、
カーペットやフローリングにおしっこをしたりしました。
ごはんもぜんぜん食べなくて、しんぱいしました。
けれど、母が、ひとりでいるときは、歩き回っていました。
はやく、わたしや弟がいるときも、うろちょろするようになるといいです。

【ママさんからのお話】
子供達が留守になってからは、昨日と同じ場所でシートの上で排泄ができました。
そしてウンチの上におしっこをしたくなかったのか
シートを敷き詰めた隣のカーペット(初日のおしっこと同じ場所でした)で排尿しました。
そこのカーペットも取り払ってシートを敷いて見たところ
昼にクレートから出した時に両方ともシートの上で成功しました。
今考えると、床に直接の排泄は絶対にしなかったので
カーペットをシートと同じ意味で捉えてしまったのかな??と思います。
食事も排泄も私の前では出来るようになったので、ホッとしています。
まだ私との距離を慎重に測りながら移動していますが
急に子供達が入って来ると、私の後ろに隠れてすがるような目で見てきます。

【スタッフコメント】
ふたばちゃんは、まだ子供さんに過剰反応し物事を冷静に考えられないと推測します。
今まで出来ていたことが出来なくなる・・・
精神状態が普通でなければ人間でも頭が真っ白になってしまうことはありますよね。
あとは、カーペットとかバスマットとか、座りが良くて(踏ん張りが楽)、足が濡れない素材は
ペットシーツより勝手が良いのでしょう。
一度、それを経験してしまうと、ついついそこに行ってしまうのは
仕方のないことなのかもしれません。
ですので、とりあえずカーペットは、一旦取り払ってしまい
「してしまう状況を取り除きましょう」とお願いしました。
また、この頃より、ママさんには積極的アプローチを少しずつ始めて頂くようお願いしました。
その方法は、おやつで仲良くなる作戦です。
ママさんにだけは、すでにふたばちゃんから近寄り始めているので
「近くに来たらおやつをあげる」の繰り返しをお願いしました。


つづく

スポンサーサイト