FC2ブログ

動物福祉 わんステップな日々♪  ~from群馬~

犬・猫の保護日記とスタッフ活動記録-随時、犬の里親募集中-
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ふたばステイ日記
CATEGORY ≫ ふたばステイ日記
       次ページ ≫

ふたばちゃんの変化

今まで、ほのかちゃんの絵日記で
ふたばちゃんのお試しステイ期間の様子をUPしてきました。

その集大成として、今回は、写真でのご紹介です。
こちらでもビビリ犬ふたばちゃんの変化をお楽しみ下さい。

お試しステイ時代の彼女
2月23日/ステイ2日目。     
2月23日 
リビングに用意してもらったハウスには全く入らず隅へ隅へ、と。        
一番隅のパントリーを勝手に(笑)棲みかとしてしまったようです
ママさんも遠目から写真撮影です。

2月25日/ステイ4日目。
    
2月27日
少し余裕が出てきたのか、物音やママさんの存在には余り動じず
お昼寝できるようになりました。でも相変わらず引きこもり

2月27日/ステイ6日目。
      
2月25日 
新しいお家に大分馴れて来てパントリーを出て独り探検を始めました。
しっぽもピンと上がってます

3月5日/ステイ12日目。
3月5日
色々な事を楽しむ余裕が出来て 表情も柔らかくなってきてます。


コミュニケーションをとる時間が一番少ないパパさんとは・・・
4月9日/出会って1ヶ月と18日目。 
パパさんからおやつ4月9日 
ステイ当初は、姿や声が聞こえると震えさえ出ていたふたばちゃんですが   
手からおやつをもらうなどすっかり落ち着きを見せてます。

5月31日/出会って3ヶ月と9日目。
パパさんとふたばちゃん5月31日
パパさん大好き遊んで遊んで~~


一番心配だったお兄ちゃんとの関係は・・・
3月12日/ステイ19日目。              
3月12日 
警戒しつつもお兄ちゃんのことが気になり出しました。            
心を開くのももうすぐ        

3月16日/ステイ20日目。
3月16日
・・・ほらねっ。遊びに誘ってます。凄い変化でしょ。
でもお兄ちゃんはちょっと怖いかな 


(3月22日の正式譲渡以後)
3月27日/出会って31日目。     
仲良くお昼寝3月27日  
一緒にお昼寝出来るまでになりました。 

            
5月12日/出会って2ヶ月と20日。
お掃除手伝い
もうすっかり、お互い怖くありません。
みんな仲良くママさんのお手伝い


ビビリ犬を迎えた飼い主さんの少しでも役に立つことを願いつつ
16回に渡り「ふたばちゃんのステイ日記」をUPしてきましたが
ひとまずこれにて最終回となります。

ほのかちゃんの絵日記は、またきっと続編が・・・
今度は、正式譲渡後のお話がUP出来ると思います。
おたのしみに

see you again
スポンサーサイト

ふたばステイ日記-最終日-

ふたばステイ日記3月22日 
3月22日
今日、学校の帽子をかぶって、ふーちゃんの前に出たら
「ウーワンッ」と吠えられてしまいました。
でも、その場で帽子を外したら不思議そうに私の匂いを嗅いできました。
でも、その日は、手からおやつを食べました。
やっぱり犬を飼うのは大変だけど、嬉しい事もあるから
これからも大切に育てていこうと思いました。

【スタッフコメント】
いよいよお試しステイ最終日。
「ふたばちゃんを家族に迎えて下さるか?」のお返事を伺う日です。
まだ3歳の息子さんとふたばちゃんの関係は、一進一退的な面もありますが
間に入ったママさんの努力と、(こども代表の)小学生の穂乃香ちゃんの上手な接し方で
ふたばちゃんは、本来の彼女らしさを発揮し出しています。
つまりは、ふたばちゃんにとっては「大好きな家族」になりつつあるので
あとは、里親さんのお気持ち(覚悟)次第です。
そのお返事は・・・・・・・
OKいただきました~~

ふーちゃん、卒業おめでとう



ふたばステイ日記-19日目-

ふたばステイ日記3月12日 
3月12日
今日、ふーちゃんが私に近づいて、私の匂いを嗅ぎ回っていました。
匂いを嗅がれると少しくすぐったいです。でも、嬉しいです。
その時、私とふーちゃんとの心の壁が、少しうすくなったような気がしました。

【ママさん談】
劇的に変化したのは、娘との関係です。
娘が部屋にいても、私相手に尻尾を振って甘えるようになりました。
娘にはさほど用心せずに近づいて、匂いを嗅ぎ回ります。
時々なら、撫でられてもじっとその場に座っている様になりました。
オヤツも、手から食べる様になりました。
娘いわく、私が朝起きてくるまでは結構触らせてもらえるみたいです。
現在5時半起きで親睦を深めているらしいです(笑)
夜の餌、朝のハウス出しトイレさせ片付け、夜のハウス誘導、は娘が行なっています。
息子に対しても一歩前進しています。
オヤツは相変わらずすぐには食べませんが、私がいれば息子がいても部屋をウロウロできます。
警戒心バリバリですが、今日は差し出された息子の手を、少しだけかいでいました。
まだ息子が遊び出すとスゴスゴとパントリーに退散していますが、
退散するタイミングが少しづつ遅くなっているようです。

【スタッフコメント】
“子供との生活”という生まれて初めての経験をしている、ふたばちゃん。
ご家族みなさんのご協力もあって、順調(想定内)に馴れて来てくれています。
ちびっ子2人には、随分とお待たせしてしまってますが、仲良くなれるのもあと一息です!
もう少しだけ、積極的アプローチはガマンしてね♪

ふたばステイ日記-17日目-

ふたばステイ日記3月10日
 
3月10日
おやつを私の手から食べないけれど、置いてあげれば目の前でも食べるようになりました。
良かったです。

ふたばステイ日記-15日目-

ふたばステイ日記3月8日 
3月8日
朝起きてくると、ふーちゃんから近づいて来るようになりました。
弟が、ふーちゃんに仲良くなる為に、弟からオヤツをあげる作戦をしました。
でも、まだ、ビクビクしています。早く弟にも馴れて欲しいです。

【スタッフコメント】
ホントに早く仲良くなりたいよね~。
でも、もうちょっと、あと少しだから、あせらずがんばって~

ふたばステイ日記-11日目-

ふたばステイ日記3月4日 

3月4日
今日ふーちゃんは、陰から弟の様子を伺っていました。
時々、弟には吠えるけど、私には吠えません。良かった。ホッ


【スタッフコメント】
数日前にお願いした、「ママさんと差を付けたご飯とオヤツ」を娘さんに担当してもらったことが
ずいぶんと良い方向に向かって来ています。
人間と同じ、胃袋を掴む作戦ですね

ふたばステイ日記-10日目-

ふたばステイ日記3月3日 
3月3日
今日、な、な、なんと!ふーちゃんがお散歩に行きました!
この家にもだいぶ慣れてきましたし、それに、何より私が触っても震えなくなったことが嬉しいです。
良かった!

【ママさん談】
娘との関係にも変化が見られ、娘が室内にいてもキッチンとダイニングの境目まで出てきて
匂いを嗅ぐようになりました。
息子にはパントリー内にいる時限定で姿が見えたり息子が眺めたりしても震えなくなり、
主人に対しては声がしても震えなくなりました。

ふたばステイ日記-9日目-②

 ふたばステイ日記3月2日②

3月2日パート2
今日、ふたばちゃんが母に喜んで飛びつくようになりました。
早く、私にも飛びつくようになって欲しいです。


【ママさん談】
昨日、ソファーの上にある毛布に対して吠えました。
今朝は、息子に対して威嚇するように吠えました。
朝、息子が起きたので一旦2階に上がり、抱っこで降りて来ました。
そして息子をソファーに降ろして私が立ち去ると、唸りながら吠えました。
昨日よりは声も控えめで、左右に走りはしなかったのですが、
明らかに息子に対しての威嚇の吠え方でした。

【スタッフコメント】
段々、自我が見えてきましたね。
吠えるシチュエーションがまだ少ないのでハッキリとした理由は
分かりかねますが、ふたばちゃんは、今までも、見慣れない物に対して
吠えることがありました。例えば、部屋干しの洗濯物や取り込んだ洗濯物の山など。
もちろん、ソファーが自分のテリトリー化した可能性も棄て切れませんが
先ずは、前者を前提に対策を講じてみましょう。
ふたばちゃんにとって息子さんは“見慣れないもの”になっているのかもしれません。
なので、ふたばちゃんに、息子さんをたくさん見てもらうように
(ふたばちゃんの安住の場所となっている)パントリーに、無駄に出入りしてもらうことにしました。
もちろん、無理に触ったりしないで、とにかく息子さんの存在を認識してもらう事をお願いしました。

ふたばステイ日記-9日目-

ふたばステイ日記3月2日 
3月2日
私がいる時に、キッチンとダイニングの境目まで来るようになりました。
それに、弟が、パントリーを覗いても震えなくなりました。
その時、私は、「早く馴れてくれよ・・・」と思っていたけれど
今思い返すと、あの時は自分勝手だったな、と思いました。
そして、今、馴れてくれて良かったと思っています。

【ママさん談】
昨日からおやつのやり方を変更しています。
というのも、ふたばちゃんがかなり私を受け入れてくれていて
二人きりの時は私にくっついて歩くのです。
私が家事を終えて座る時は必ずやって来て、腕に顎を乗せてナデナデの催促…。
別の部屋から戻って来ただけで、シッポを振ってジャンプのお出迎え。お漏らしのおまけ付き…
ですので子供達がいる時に勇気を出して近づいて来た時のみ(ご褒美におやつをあげる)に
してみています。今日は1度だけ成功しています。
そして、今日はなんと、お散歩まで出来ました。

【スタッフコメント】
お子さん2人には、色々と我慢をしてもらっているので心苦しいですが
それでも私共の言うことを一生懸命守ってくれて、本当に感謝しています。
ふたばちゃんなら、必ず子供達とも仲良くなれるはず・・・
もう少しの間、アドバイス通りにお願いします。
ふたばちゃん自らアプローチしてくることが大事なポイントなのです。

ふたばステイ日記-8日目-

ふたばステイ日記3月1日 
3月1日 (ステイ8日目)
母が、リードを持っていれば、私と弟がいても、ハウスまで歩くようになりました。
でも、リードなしでは、私と弟がいると、パントリーから出てきません。
早く慣れて欲しいです。

【ママさん談】
以前アドバイス頂いたトイレの件は、順調に改善しています。
ハウスから出す時にリードをつけ、シート脇に私が立つと、してくれるようになりました。
リードをつけると勇気が出るのか、観念するのか、出来ることが増えます。
それを利用してダイニングからリビングの子供達を見せたり(体を固くし始めたらやめています)、
ハウスまでの誘導をしています。
誘導はリードの音やタイミングでわかるのか、伸びをしながら待っていてくれて、
私が声を掛けると顔を上げて付けやすくしてくれます。
後ろ足の伸びは、何故かリードを装着してからすることにしているようです。
ハウスまでのリードウォークも完璧で、私の左側の半歩後ろをテンポ良く歩けます。
娘との関係にも変化が見られ、娘が室内にいてもキッチンとダイニングの境目まで出てきて
匂いを嗅ぐようになりました。
息子にはパントリー内にいる時限定で姿が見えたり息子が眺めたりしても震えなくなり
主人に対しては声がしても震えなくなりました。

【スタッフコメント】
ママさんのリード作戦、ナイスですね♪
ふたばちゃんの場合、(ドッグ)インストラクターさんのレッスンを受けていたので
まさにリードによるリード方法が良い感じになりましたね。
この時のふたばちゃんにとって「勇気をくれるリード」となったようです。
娘さんとの関係も、スペシャルご飯で近づきつつあるようで良かったです。